2016年10月08日

うさコラ#4

リチャ
「そう言えば、気になる事があるのですが。元隊長だった麗愛はどの位置ウサ?」
麗愛
「ん? あー、私は一般隊員扱いになってるが。姫巫女同士での模擬戦をした場合、隊長連中では芽衣子より弱く、多歌穂よりは強い。でも小鳥相手には勝ち越してるんだけどな」
リチャ
「それは何故に?」
麗愛
「クセの読み勝ちってあるだろ。アイツには悪いけど、そういうモンだ。それと多歌穂は姫巫女同士で戦う模擬戦などだと、長所が生かされないからな。条件が変われば強さが大きく変動するタイプだ、ありゃ」
リチャ
「そういうのもあるのですか……」
麗愛
「戦いには段階があると言っていい。戦う前、接敵する前、接敵した状態とな。これが大きな規模の戦いの場合は戦う前の準備こそが大事となる。多歌穂はそれを煮詰めている訳だ」
リチャ
「戦う前の準備というと、武器の手入れをしたりする事という訳ですな」
麗愛
「いいや、違う。アイツはとにかく情報を多く求める、地形、敵、使用可能な物などだな」
リチャ
「使用可能?」
麗愛
「そうだなぁ。廃ビルで戦闘をする、という条件だったとしようか。お前さんは廃ビルにいる籠城している敵を相手にどう戦う。何をやってもいい、みたいな感じだと」
リチャ
「手榴弾だとか発煙筒を投げ込んで突撃、とかいうのが頭に浮かぶウサ。あとはヘリを使って屋上から乗り込むのも格好良いウサ……」
麗愛
「多歌穂はビルを爆破する方のタイプだ。相手の罠も考慮した上でな」
リチャ
「…………うさ?」
麗愛
「そうすれば相手に先手を取り、接敵した時に大抵は有利に事が運ぶだろう。 だが多歌穂は、ビルを破壊しない、という条件を付け加えた場合。それはそれで手を打つタイプでもある」
リチャ
「恐ろしいうさ……」
麗愛
「とはいえ、基本的に戦力は小鳥が強いという理解でいいさ。わたしは読み勝ちしないと相手に勝てないものだが、小鳥は基礎能力の高さで勝てるってな」
リチャ
「やはり力こそパワーという事うさね……」

>ウブなリンクス
間違い無くあるでしょうね、そういう姿。
とはいえ、グレイの部下なども、たまにリンクスを口説いたりというのはあるので。
それをバサバサと払いながら、グレイ相手には態度や姿勢が異なる。
そういうのは確実にあるかと思います。

>リンクスの正装
ネタはあれど、今はまだ余裕が無いです。すみません。
次回作の開発もガシガシと進めていかなければいけませんし。

>時代ごとの話
忍、とは異なりますが。情報収集などを担う隊、また少し暗部めいた巫女達は存在したと言えるでしょう。
とはいえ戦国姫巫女や大江戸姫巫女、というのは考えた事は無いですね。
まだまだ現代でも語り尽くせない部分はたくさんありますから。

くのいち衣装、というのは。
それはそれでアリだとはこっそり思ったりしてます!
posted by リチャード稲葉 at 02:48| Comment(4) | ひそひそ話