2016年10月22日

うさコラ#6

リチャ
「入浴剤って楽しいウサ・・・あの泡がほにょにょにょにょと絡まる感じが」
ダグラス
「毛にビッシリと泡が絡まる感じがくすぐったいわふ」
リチャ
「お手頃なのにリフレッシュ出来るのは素敵!」
ダグラス
「出掛ける必要も無いのが気軽でいいわふねぇ」

>姫巫女の教え
少し昔、犠牲となった姫巫女の中に沫莉(すずりの姉)の存在もあり。
救出に小鳥が向かおうとした時、麗愛が小鳥を止めるというイザコザが発生した事もありました。
その時に助けられなかった事が小鳥のわだかまりになり、小鳥は沫莉と同じタイプの武器を使うようにもなったというのがあります。(小鳥は本来、大太刀の方が力を発揮出来た)

なので、白兎が半壊滅になった時、小鳥は自分がしたくなかった、部下を犠牲にするという行為を自身がしてしまった事に、内心では苦悩を抱え込んでいる側面もありました。
(それを表に普段出さないのは、飄々としていながらも隊長としての立場を意識しているからです)

>多歌穂の味方ごとアタック
やってます(断言)
やや描写的にはボカしていますが、準乃も味方ごとアタックの犠牲の一つです。
多歌穂の中で、戦力的に使えないと判断された者(技量面ではなく、多歌穂の駒として可能な限り忠実に動ける事が重要視されている。ただ技量面で著しく劣るのも含まれる)は、囮として使われます。

>リンクスIF
暴力漬けの性奴隷になる事は間違い無いでしょうね。
たまに激昂した兵士が顔を殴りすぎて、顔を霊薬など使って治癒を施しながら、イッグが苦い顔をする。
といったやり取りは発生するかと想定できます。

>燦キャラの服案
奈留羽:ロングスカート系を中心に、セーターやトレーナーなど、柄の少ないのを好む
愛依菜:キュロット、あるいはミニスカを中心に、カジュアル活動的な服装
サツキ:腰がコルセット状になって、ロングスカートにブラウスな服装
香奈美:スパッツやレギンスなど、動きやすさ重視で上も簡素なTシャツ系
芽衣子:ジャージ。
準乃 :パーカーなどを着つつ、下はミニスカでタイツを着用している
多歌穂:体躯よりも少し大きめのシャツにロングスカート[私服でも服の下に鎖を絡ませている周到さ]

なお、多歌穂に甘ロリ着せるという意味不明な供述がされており。
色々な方面から否定されたという流れもあった模様。
(過去にhttp://richard.sblo.jp/article/68900756.htmlがありましたが、一部修正を加えています)


>短編、長編の進捗
短編の方は近々改めてHPなど含め情報を。
長編は少々停滞中です。

短編の方は、ファンタジー系な舞台を予定。
エロステは、まず短編で実装して、意見や様子などを見る形に。


>年齢について
サツキ〜穂乃香、このあたりは悩み所なんですが。
中々どうして、年齢を散らせるというのも難しい所でして、このあたり。


>巫力の波紋的効果
リチャ
「ちょっとだけイヤらしい掴んだ話なのですが。波紋法のくだりを見ながら、その設定はイイな、と思った所は多少あるとのウワサ。なお、その効能や老化が止まるタイミングも個人差があり、巫力が使えるようになっても、まだ成長が続くタイプの人も多少はいたり」

ダグラス
「すずりはんは?」

リチャ
「もちろん、もう成長しないウサよ・・・」



posted by リチャード稲葉 at 07:38| Comment(4) | ひそひそ話