2015年03月27日

ここから出して欲しいウサー!

リチャ
「そんなこんなで、影狼についてのさまざまな意見ありがとうございます」

ダグラス
「応援の言葉も、叱咤の言葉も、意見をいただけるという事は感謝わふ」

リチャ
「と、いう事で。いつもとは少し毛色の異なるお話。スタンフォード監獄実験と呼ばれる物があります」

ダグラス
「ワシは清く正しい犬でございます、監獄とは縁の無い健全な存在わふ」

リチャ
「まぁ簡単に言ってしまうと、こんな風に犯罪とは無縁だったりする犬でも、囚人服を着せて牢屋にぶちこみ、半月ぐらい生活させれば心が囚人になってしまう。という事ウサ」

ダグラス
「またまた、リチャードはんは冗談が上手い・・・マジわふ?」

リチャ
「実際に看守役と囚人役、どちらも新聞広告などで集めた大学生を中心に集めた人を割り振った訳ですよ」

ダグラス
「元々警察官だとか、実は犯罪の常習犯だったとか。そういうのは無しと考えて良さそうわふね」

リチャ
「そして、時間経過によって、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになる。と実験では示されていたそうだ」

ダグラス
「わ、ワシは銀の意思でもって、どんな状況でも誇り高く生きてみせるわふ・・・」

リチャ
「よくサスペンス物の作品で、登場人物が視野狭窄に陥るケースも多く、それを見ている方がやきもきするという事もあるが。それも、そういった心理的な役割に陥るように無意識下で動いている所があったりするのかもしれないウサ」

ダグラス
「あ、そいえばパンプキンシザ○スという漫画でも、カルッセル編というくだりでそういった部分が描かれていたような記憶があるわふ」

リチャ
「例えば今作の場合、ペティは村の中で酷い目にあっていた。しかしそこから抜け出すという術は、本当に無かったのか? という視点から考える事も出来るだろう」

ダグラス
「わふ、普通は抜け出せないからああいった状況に陥ったと思ったのじゃが」

リチャ
「しかしながら『村から逃げ出す』『シルキスやボルゾイ、ブルに相談する』といった形で、何かしら他の抜け道を探す事も決して不可能では無かったのではないか……というのはどうウサ?」

ダグラス
「いじめに遭っている人間が、親や学校に相談出来ずに一人で抱え込んでしまうパターンにも似てるわふ」

リチャ
「そんな感じで、役割を思い込んでしまうというのは中々恐ろしい出来事に繋がってしまう予感」

ダグラス
「ワシは名犬、ワシは名犬……」

リチャ
「世の中、思い込みにも限度はあるウサ。(駄)犬は(駄)犬である事から逃れられないだとか」

ダグラス
「い、いま、なんか変な心の声が混じってなかったわふか?」

リチャ
「気のせいウサよ」
posted by リチャード稲葉 at 17:10| Comment(5) | ひそひそ話
この記事へのコメント
その実験の話は聞いたことがあります。

思い込みは本当に怖いですよね…。

ペティも、最初はその役割だったから何もできなかったんでしょうが、『大神の信徒』という役割を与えられることで、きっと、色々な意味で強くなったと考えれば、霧が出てからの振る舞いも納得できるのかなと。

そういえば、その「影狼」にザチャードと、一見するとリチャさんによく似た名前の方がいましたけど(ダグラスさんにも似た名前も?)、お知り合い……じゃないですよね?
Posted by ge-o at 2015年03月28日 01:12
ザチャード
コグラス

・・・頭文字を取ると酷いアナグラムになるウサ。
しくしくしく。
Posted by リチャード稲葉 at 2015年04月02日 00:16
ご返信ありがとうございます。

・・・頭文字を取ると酷いアナグラム……ですか。

すみません、『アナグラム』の意味は分かるのですが、
「頭文字を取る」の部分がちょっとわからなかったです……。
Posted by ge-o at 2015年04月04日 00:01
・「ザ」チャード
・「コ」グラス
で、頭文字を取ったら、「ザコ」?
Posted by at 2015年04月17日 14:59
↑様。

なるほど!!
頭文字を取ると酷いアナグラム、
たしかにそうですね!!
Posted by ge-o at 2015年04月27日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: