2015年09月11日

うさぎスピナー

ダグラス
「今週も名犬らしく、追加情報をガシガシと!」

ダグラス
「そんな訳で、ボイスサンプルが追加されたわふーん」

ダグラス
「いずれはカウントダウンボイスなども出すかもしれない名犬の心意気!」

リチャ
「・・・ハッ、廃業させられる!?」


>姫巫女の新作
予定は未定、と言いたい所ですが。次回作のプロットを見る限りだと、姫巫女では無いとの事。
申し訳ありませぬ・・・。
新作についての情報、ネタに関しては、まだしばらくお待ち下さいませ。

>トロルの村で〜
ネタとしては、どうしても小さなサイズにまとまってしまうんですよね。
普通に一本として作るには難しく、作品として考えるには悩ましい所です。
希望があれば応えたいという気持ちもあるのですが、何かしらこう、上手く昇華できればいいのですが。

>龍の補充と、兎の空席
それぞれの隊長による方針の差、求める人材の力量というのが大きく関わっています。
燦の方で少し語られた所ですが、龍翠隊は過去に幾人もの犠牲者を出す、激しい戦いをしてきた。と言われており、犠牲者を出しながらも高い戦果を出しているというのが、現在の状況になっています。
現時点で技量の低い姫巫女がいたとしても、見込みアリという事で、龍翠隊に補充員として入る事もあります。
龍翠隊では個々の突出した技能ではなく、連携力が非常に重視されます。それは龍翠隊の隊長の方針であり、その方針についてこれない人などが、作戦の中で囮として使われるようになっております。

逆に、白兎隊は非情に高い個人の技能を求めています。最低限レベルで、奈留羽ぐらいの強さ。いわば、他の隊ならば、副隊長や小隊長などを任せる事の出来る強さを求めてしまっております。
ですが当然ながら、そんな強さの人材はそうはおらず、いたとしても他の隊が手放す事は無いでしょう。
つまり白兎隊は高望みして半分自爆しているという所もありますが……そういった強い人を求める裏には、白兎隊が少し前に半壊した事にも起因しています。

>白兎隊半壊事件【再編集中の為、仔細がいずれ設定調整により変化する事はあります】
元々は、東北地方での姫巫女失踪事件をきっかけにして、真藁(まわら)という鬼が現れた事が発端。
東北地方には、力天(りきてん)白樺(しらかば)棺(ひつぎ)と呼ばれる3匹の鬼が力をつけており、それに付き従う形で藁々(わらわら)という、小鬼の集合体がいた。
彼らは東北で姫巫女を襲い、討伐対象となった。その渦中で藁々は進化し、真藁へと変貌。それによる被害は拡大化し、白兎隊や虹鶏隊なども招集される大がかりな討伐となる。
その際に白兎隊は、真藁の群体により数的不利を強いられ、分断されたあげくに各個撃破。個人技量で頭一つ飛び抜けていた、小鳥と真魚以外は全員が餌食になってしまった。

と、概要的にはこんな所になっています。

>タワーディフェンス
実際、姫巫女燦で。奈留羽達が介入する前、遊園地の中で戦い続けていた犬玉隊のメンバーが、その状況に限りなく近かったかもしれません。
隊長以外のメンツが一人、また一人と倒れては襲われ、遊園地は結界の為に出る事もかなわず、飛び道具系の巫力は使用出来ないのですから。
その希望の果てが、奈留羽達だったとも言えるのかもしれないですね。

>解放された女性達
案外、キャラによっては、どこかの奴隷市場などで普通に商品として流通していたり。物好きな貴族が買い取った上で、出産ショーを楽しんでいる可能性は非情に高いでしょう。
シャルトやシリアンは、元々冒険者としての資質や活動実績もある為に、魔術ギルドに辿り着いて、再び活動する事は可能でしょうが。それが出来ず、奴隷商人などに捕まる女性達もいたでしょうから。

>古い鬼と戦える隊長
現状ではそれだけの戦力として想定出来るのが4名、水虎、白兎、蒼猿、青猪の隊長と言われている。
(繊月の事があり、白兎の隊長は真魚に変更している為、厳密には白兎は隊長では無いが)
麗愛、多歌穂は古い鬼に対してそもそも正面から斬り結ぶ力が無く、芽衣子は巫力が低い為に文字通りの力負けをしてしまう。
ただし撤退戦という事をさせるならば、麗愛は殿で味方を上手に逃がすという事は可能。
多歌穂の場合、何かしらの情報があれば調伏させる事も可能だが、それは決して一対一ではなく、集団戦闘を仕掛けるという事に他ならない。
(ただし、隊長を仮に個人同士で、道場みたいな場所で戦わせたと仮定する場合、芽衣子は麗愛や多歌穂に確実に勝利する)


色々と長くなってしまったので、今回はこんな所で・・・(うさぐったり)
posted by リチャード稲葉 at 23:21| Comment(6) | ひそひそ話
この記事へのコメント
サンプルボイスの公開がかすんでしまいそうな
姫巫女ネタの更新、お疲れ様です!

次回作がもう準備されているものの、
姫巫女ではないとのことでちょっと残念ですが、
次々回作でぜひ、姫巫女も!

白兎隊の現状もそうですが、
上にある事件をそのままゲーム化……
などでもなかなか面白そうです。

事件の結末(正史)がわかっているので、
if要素を楽しむのもありかと思いますし……。
Posted by ge-o at 2015年09月12日 14:03
姫巫女シリーズ大好きです!続編はまだ先なぶん、visionsでちょっとした番外編を見れるのは嬉しいです。

以前ちらっと虹鶏隊の烏丸咲夜さんのその後?みたいな話をコチラで見ましたが、visionsで咲夜さんの話も見てみたいです。

脇役でも魅力高いキャラが数多いので、正史や本編で今後登場しなくても、ミニ企画や番外編などでまた登場機会あると嬉しいです。
Posted by at 2015年09月17日 01:32
セロットルートは連絡すらなし
もう本当にここは駄目かもしれんね
Posted by at 2015年09月19日 22:19
今回もボテ腹は期待していいんだよね?
Posted by at 2015年09月23日 11:50
今回もロリボテ腹は期待していいんだよね?
Posted by pedo at 2015年09月23日 11:50
実に今更な話ですが、姫巫女にてサツキ嬢の武器、鍵ってことはビジュアル的にキー○レード的な物でしょうか?
Posted by at 2015年10月06日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: